診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102

12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:「検査予約」あり。9:30
   過ぎに来院していただくと
   あまりお待たせしません

:午前診療のみ・検査あり

:午前診療のみ

:診療時間変更あり

:休診

診療内容

モバイルサイトQRコード

MEDICALIST

内科について

総合内科の診療を行っています

生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症・痛風など)の診断・治療をはじめ、咳・のどの痛み・鼻水・発熱、胸やけ・おなかの痛み・吐き気・下痢・便秘、頻尿・血尿・排尿時痛など、内科全般に幅広く対応しております。急な体調不良や日常の検査、診察、健康相談など、不安に思ったときは、お気軽に当診療所にお越しください。
はっきりとした症状があるときはもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科に行ったらいいのかわからない」という場合も、遠慮無くご相談ください。的確な初期診察を行い、原因の究明にあたります。

さらに高度な医療や入院が必要と判断されたときは、患者様の症状に適した専門科を判断し、他の医療機関への紹介も行っております。

生活習慣病全般の治療

生活習慣病には、糖尿病や高血圧症、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)などがあります。遺伝的な要素を持つ人もいますが、主に過食、運動不足、その後の肥満といった生活習慣の不摂生が原因で起きます。

生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして重なることによって、各症状がひどくなったり、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な疾患に結びついたりする危険性が高くなります。
そういった事態を招かないように、一緒に生活習慣を改善するための対策をしていきましょう。

基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心であることは共通しています。必要と判断した場合には薬物療法も行います。

糖尿病

糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞が取り込めなくなり、血液中に溢れてしまうことで様々な合併症が現れる病気です。
健康な人なら、インスリンというホルモンがしっかりはたらいて、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、あるいは脂肪やグリコーゲンという物質に変えて蓄えたりします。このインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなったりした状態が糖尿病なのです。進行すると目の網膜や腎臓、末梢神経に不具合を生じてきます。

糖尿病は現在のところ完治させることはできません。ただ、糖尿病そのものを治すことはできなくても、血糖値を正常に保ち、健康を維持することは十分に可能です。そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、継続的なコントロールです。医師の指導のもと、まず食事療法と運動療法を行います。これだけで正常値になる方も多いのです。糖尿病が進行したケースだったり、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらない場合には、内服薬やインスリン注射薬を用いた薬物療法を行うことになります。

高血圧症

高血圧とは、血圧が一定より高く維持されている状態をいいます。 高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。
高血圧は放っておくと、血管にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

まず行うべきは、減塩に努め、適度な運動を心がけ、適正な体重にするといった生活改善です。
また、薬を処方されたら、指示通りしっかりと飲むことも大切です。一度薬を飲み始めると、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、良くなれば減量したり、やめることも可能です。薬をやめられるように努力する覚悟が必要なのだと思います。

脂質異常症

脂質異常症というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことです。 脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって、動脈硬化になってしまい、そのまま進行すると、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こすことがあります。
治療の基本は生活習慣の改善と薬物療法です。

生活習慣の改善は、血中脂質濃度を下げるだけでなく、動脈硬化が進むのを防ぐのが目的です。ですから、動脈硬化を促進するほかの要素~高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、肥満なども改善できるように生活を見直します。
その主な内容は、禁煙、食生活の改善、適度な運動、適正体重の維持です。
なかでも特に重要なのが食事(食事療法)で、これは適正体重の維持とも深く関わってきます。

痛風

痛風は、その発症前に血液中の尿酸値が高い状態が長く続きます(高尿酸血症)。それを放置すると、尿酸が関節の中で固まって結晶になるために関節炎を起こし、ある日突然、趾の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。痛みは耐えがたいほどの痛みで、「痛風」という病名には「風に吹かれただけでも痛い」という意味合いが込められています。

痛風を起こす人は、起こさない人よりも心筋梗塞や脳梗塞になりやすいことも知られています。これは、痛風に糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が合併しやすく、動脈硬化がどんどん進むためです。
しかしながら、生活改善を行い、専門知識を持った医師に相談しながら正しい治療を受ければ、通常の健康的な生活が送れます。きちんと治療を受けることが大切です。

来院される患者さんによく見られる症状

動悸・息切れがする、お腹の調子が悪い(便秘・下痢)、頭痛、めまい、肩こり、風邪、肺炎、気管支炎、夏バテ、疲れがとれない、なんとなく調子が悪い、などの訴えが多く見られます。このように内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まりますが、一見大したことがないように見えてもしばしば重大な病気の前兆であったりするので、侮れません。

次の様な症状がある場合は、早めにご相談ください

頭痛、発熱、咳、喉の痛み、胸痛、動悸、立ちくらみ、吐き気、嘔吐、腹痛、血尿、疲労・倦怠感、むくみ、体重減少 など

牟礼高山診療所概要

所在地
〒181-0002
東京都三鷹市牟礼4-2-14
電話
0422-70-4976
診療時間
日祝
9:00~12:00
14:00~17:00

※土曜日は原則第1、3、5週目診療
(内科は中学生以上の方が対象です)
予防接種は3か月齢以上から行います

ACCESSMAP